広島の求人

希望した求人が見つかり書類選考も無事通過となって、いざ面接という段階になった時に、諸事情により面接辞退をせざるを得ないという状況となった経験はないでしょうか。

比較的良く聞くお話としては、面接日に別の希望する企業から内定を得ることが出来た、というケースです。

もちろん辞退することは仕方ありません。

内定を得る事が出来ても入職する必要が無い企業の面接に行っても、その企業の担当者の貴重な時間を無駄にしてしまいます。躊躇わず、はっきりと断りましょう。

ただし、断り方は大変重要です。

しっかりと謝罪の意識を持って、また誠意を持ってお断りのご連絡をしましょう。

無断で面接に行かない、というのは当然ですが言語道断です。

また、可能であれば辞退をする際に、何故辞退をしたのかを伝えるというのも誠意の見せ方の一つとして重要です。

例えば、内定をいただいた企業があるとすれば、企業名を出さずに、「別の企業に内定をいただきまして、そちらの企業にお世話になることに致しました。この度は大変恐縮ですが、辞退させてください。」と伝えるだけでも伝わり方が大きく変わります。

転職は企業からは選ばれる立場ですが、企業を選ぶ立場でもあります。

ただしそれ以前に1人の社会人です。

マナーの部分はしっかりとしていきたいですね。